部位別

背中のムダ毛処理を自宅でセルフ除毛(脱毛)する方法まとめ!

秋冬となると長袖だし見えないから背中のムダ毛の処理をサボっていたという女性って意外とたくさんいますよね。だから、今のムダ毛処理の季節になって背中の除毛しなきゃ!!と慌てる方も多いはず。

しかし・・・セルフ処理したことで、肌ざわりがジョリジョリ・黒いボツボツ毛穴が目立つ・脇が黒ずんでいる・・・なんてことになっていませんか??!だんだんと気温も上がり、肌の露出がもっと増えてきます。

このままではマズイですよね。脱毛サロンに行けば改善することはできますが、お金や時間に余裕がない!なんて方もいますよね。中には毛が濃いのがバレたくない・・・特に背中のムダ毛が気になる・・・そんな女性たちに今回様々な背中の除毛(脱毛)セルフの方法を紹介したいと思います。


▼実際のMoomoのレビュー写真が見たい人はこちら▼
関連記事:【写真暴露】ムーモ(moomo)除毛口コミ効果なし!悪い評判、買って後悔した脱毛体験談…。

【基礎知識】脱毛には大きく3種類

まずは脱毛についての基礎知識から再確認していきましょう。脱毛には大きく分けて脱毛・抑毛・除毛の3種類があるので、それぞれどんな特徴があるのかを解説していきます。

脱毛(レーザー・美容器)

毛抜きを使用してムダ毛を抜いたり、年齢やストレスによって髪が抜け落ちてしまう状態を「脱毛」と言います。毛を抜く・毛が抜けるという意味を持ち、サロンやクリニックなどでは脱毛器具を使用して脱毛するのが一般的です。

レーザー脱毛や美容電気脱毛など脱毛の方法も様々ですが、その方法によっても脱毛の効果が半永久的に持続するもの、しばらくすると再びムダ毛が生えてくるものがあるので定期的に施術が必要な場合もあります。

除毛(シェイバー・カミソリ・除毛タオル)

シェーバーやカミソリなどを使用して処理をする場合は「除毛」になります。脱毛はムダ毛を根本から抜く(取り除く)のに対し、除毛は表面に見えているムダ毛を取り除くことを指します。

当然、根本から処理するわけではないため再びムダ毛が生えてくるスピードも早く、使用する道具によっては肌に刺激となりやすいため注意が必要です。

除毛専用アイテムとして除毛クリーム・除毛リムーバー・除毛タオルなども販売されており、一時的にムダ毛を処理したい人を中心に取り入れられています。

抑毛(除毛石鹸・除毛クリーム)

「抑毛」は毛を抜いたり剃ったりという処理ではなく、毛が成長するのを抑制して少しずつ薄く目立たない状態にしていくことです。抑毛効果があるとされる石鹸やクリームなども注目されていて、根本から抑毛成分を浸透させ抑毛効果を発揮してくれます。

脱毛や除毛に比べて即効性はありませんが、少しずつ効果を発揮するアイテムがほとんどなので根気よく使い続けることでムダ毛が薄くなり、その状態をキープできるようになると言われています。

中でもとっても簡単な除毛クリームについて見ていきましょう♪

クリームを塗ってムダ毛を溶かして除毛する脱毛・除毛クリームは、塗るだけでOKという、とっても簡単な脱毛方法です。中でも、今SNS等でも大人気の除毛クリームmoomo(ムーモ)についてご紹介します。

除毛クリームmoomo(ムーモ)とは?

  • 気になる部分に塗って流すだけ
  • サロン級の仕上がりだから肌はツルスベ
  • 肌への負担が少ない
  • 首から下ならどの箇所でも使える
  • 毛穴の奥に入り込むから根本から除毛
  • 高い保湿成分のおかげで肌にかかるダメージを抑える
  • ラベンダーの香り

などといった特徴があります。

除毛&抑毛効果を高めるためのポイント

  • 毛穴が開いた状態でムーモを使用する

⇒入浴後は毛穴が開いているので、除毛するには最適なタイミングです。毛穴が開いていることで、開いていない状態よりも深く除毛できます!もし、入浴後じゃない時は、ホットタオルを使用するのもOK。その後はしっかり引き締めるのも忘れないでくださいね!

  • 使用後は抑毛ローションでお手入れ

⇒ムーモの成分の中には、抑毛を抑える成分がすでに含まれています。さらに効果を高めたいのであれば、抑毛ローションで除毛後にケアすることをおすすめします!毛が生えるスピードを遅くすることも可能ですし、使い続けることで生えにくくしてくれる効果をもたらします♩

工夫すれば背中脱毛もうまくいく!

脱毛クリームは、毛を処理したい場所に塗ってしばらく放置した後洗い流すだけで、皮膚の表面に出ているムダ毛を溶かして処理することができます。

うまくいけば、より毛穴の奥から除毛することができるので見た目も綺麗な仕上がりになり、自宅でムダ毛処理をしている人の中でも使っている人の多い商品です。

広範囲を短時間で処理できるため、背中脱毛に使えたらとても便利なのですが、いかんせん背中は手が届かないところが多いのが難点です。

そこで、様々な工夫を凝らして、脱毛クリームで背中脱毛をしている人のアイデアを集めました。

スプーンの背を使って塗る

スプーンの裏側の丸くカーブしているところを使って背中の届かないところに脱毛クリームを塗っているという人がいます。

スプーンならば必ずといっていいほど自宅にありますよね。

脱毛クリームを買ってきたけど、背中に塗れない!でも今すぐやりたい!どうしよう!となった時に覚えておくと良いかもしれません。ただし、スプーンを脱毛クリームを塗ることに使ってしまうと、もう食事用には戻せませんし、金属製だと冬はちょっと冷たそうです。

コンビニなどで貰ってきたプラスチックのスプーンなんて良いかもしれませんね。

軟膏や保湿クリームをを塗るためのアイテムを使う

背中に軟膏や保湿クリームなどを塗るためのアイテムが市販されています。これを脱毛クリームを塗るのに利用している人がいます。

軟膏やクリームを背中に塗るために設計されたものだけあって、脱毛クリームを塗るのにも全く問題無いようです。価格も2~300円のものから1000円程度と手頃です。

有名なのは300円前後で買える「セヌール」。

背に塗るから、セヌールです。

ゴムベラやスパチュラなど、キッチン用品を使って塗る

ゴムベラやスパチュラ、ケーキ用のパレットにしゃもじまで。キッチン用品を使って背中に脱毛クリームを塗っている人の多さには驚きました。

今では100円ショップに行けばどれも売っていますし、使い捨てにしても惜しくないという声も多数ありました。確かに軟膏やクリームを塗るためのアイテムと比べても、使い勝手もそんなに遜色無いかもしれませんね。

ヨガを始めたら手で塗れるようになった

体が固くて背中に脱毛クリームを塗るのに苦労していた人が、ヨガを始めたら体が柔らかくなって、背中にも楽々塗れるようになったそうです。

背中の後ろで、楽に手のひらを合わせることができるくらい柔らかくなったとのこと。

ヨガってすごいんですね。背中に脱毛クリームを塗るためにヨガを始めるってのもアリでしょうか。

まとめ

 

背中の除毛についていろんな方法を見てきました。背中のセルフ除毛は、慣れるまでなかなか難しい作業ですが、決してできないわけではないので、諦めずトライしてみましょう♪